20代でも問題なし?看護師ならではの転職事情とは

20代での看護師の転職は不利?有利?

看護師として転職する際に年齢によって転職の有利不利というのは変わってきます。20代で転職をする場合はキャリアの浅さがネックとなる場合が通常多いです。

一般的には十分なスキルを身に付けないうちに転職をしてしまうというのは我慢強さが足りないというイメージになってしまう場合もあります。ですが実は看護師の場合、比較的経験が浅くても転職にはマイナスにならない事も多いのです。

その理由はまず、看護師の人材不足が挙げられます。看護師は病院の慌ただしさから仕事内容が大変になりやすく、夜勤もあるため辞めていく人も多くいます。加えて、女性が多いので、結婚や出産、育児などで看護師を一旦辞めるという方もいます。そのため、看護師業界は慢性的な人材不足に陥っているのです。

そのため、あなたが20代であっても、それほどマイナスには捉えられず、むしろこれからまだ長く働いて貰えると感じて貰えれば、比較的転職はしやすく、求人も選べるというケースは多いです。3年以上の経験があればまずはマイナスはなく、むしろ若いのでプラスに見て貰えるでしょう。

3年未満の場合はやはり我慢強さが足りないとマイナス部分はありますが、反省していて今後は切り替えてしっかりやっていきたいとアピールすればプラス面も大きくなります。

20代の方にお勧めなのは総合病院です。研修制度などが整っており、再度スキルをしっかりと身に付けられる環境が整っています。ただ、忙しくなりやすいのでもう少し落ち着いて働きたいという方には、クリニックなどもお勧めです。自分の今の経験で大丈夫かを良く相談しながら仕事選びをしていきましょう。

20代はとにかく若さが武器です。元気の良さ、今後まだしっかり働いていける事をアピールしていけば、比較的スムーズに採用に至る場合も多いです。逆にマイナスになるポイントはまたすぐに辞めてしまわないかという事。

そういったイメージを持たれないよう、面接でもしっかりとした印象で臨むようにし、身だしなみや話し方なども事前にチェックしておきましょう。

↑ PAGE TOP