歯科でも看護師が活躍!その重要な役割とは

歯科にも看護師が活躍できる医療機関がある

歯科というと歯科衛生士とかのイメージが強くて、看護師がいるっていうイメージはあまり無いですよね。確かに、看護師の居ない歯科は多く存在しています。

しかし、大きな病院などでは歯科にも看護師が居る場合があります。でも歯科って歯科系の職業の人が活躍しているから 看護師ってあまり必要無いんじゃないの?と思うかもしれません。

実は歯科にとっても看護師って結構重要な役割をはたしているんです。歯の治療も一般的な他の治療と同じです。治療を受けた患者さんにはしっかりケアをしなくてはならないのです。歯科の治療は簡単に済むものもありますが、抜歯など出血を伴う治療もたくさんあるのです。

規模が大きくなれば医師1人で対応することは難しくなってきてしまうので、医師の補助役としての看護師も必要となってくるのです。また、他の診療科でも歯科の看護師を経験することで、口の中の管理の仕方を指導することができるようになるので、キャリアアップに繋がるのです。

特に小さい子供や赤ちゃん、高齢者などの口の管理の仕方の指導は大切になってきます。どの診療科に行っても歯科での経験は役に立つようになるのです。歯科の看護師は口の中の衛生管理を指導していくことも立派なお仕事の一つであり、中には地域住民を呼んで勉強会を開く医療機関もあるのです。

そのような時は歯科の看護師が講師として指導していくことになります。歯科の看護師の活躍の場は医療機関だけにとどまらず、このように地域の中でも活躍していくことができるのです。

手術に携わる場合は、不安に思っている患者さんが居ると思うので、不安を取り除くように対処したり、他の診療科の手術と同じように器具を渡すことも看護師のお仕事となってきます。

もちろん、歯科で働く以上は歯について専門的な知識が必要不可欠となってきます。しかし看護師は歯の専門家では無いので、看護師だけではやはり不十分な部分も出てきます。

ですので、特に小さな医療機関の場合は、歯科衛生士が活動しているところが多いです。やはり歯科衛生士は歯の専門家ですので、歯科にとっては重要な役割を果たします。

その中で看護師として働いていくのならば、看護師の経験や知識を生かしていかなければなりません。看護師の良い所と言えばコミュニケーション能力が高いというところです。歯科に転勤したい看護の人は、今まで培ってきたコミュニケーション能力を生かして、歯科でも活躍できる看護師を目指していきましょう。

↑ PAGE TOP