皮膚科の看護師のお仕事内容を確認しましょう!

皮膚科の看護師は何をするの?

皮膚科は看護師が居ないと仕事が回らないというくらい、看護師がとても重要な立場になっている医療機関もあります。

皮膚科の看護師は、検査をする機会がとても多いです。血液検査やアレルギー検査などさまざまな検査を行うことになると思います。また、看護師ですので医師の補助をすることもあります。検査や治療に使う道具の用意や、診療の進行状況に合わせて患者さんを誘導することもお仕事です。

他の診療科よりも看護師の基本的な業務が少ないため、看護師らしいということはあまり感じることはできないかもしれませんが、患者さんにとってはとても頼りになる存在なのです。そのため責任を持って仕事をするようにしましょう。

また、医療機関によっては看護師も手術に携わることができるようになります。皮膚科に関して専門的な治療の現場に関わることができるようになるのでスキルアップすることが出来ます。

そして、皮膚科は混み合っている医療機関もあります。混み合っているとイライラしてくる患者さんも中には出てくるので、患者さんたちを落ち着かせ、きちんと順番を整理していくことも看護師の役目です。看護師の技術が必要なのは勿論ですが、臨機応変に対応できる行動力も必要になります。

また、医師の補助で道具の用意をしますが、使う道具は皮膚の状態によって違います。この状態の場合はこの道具、この病気はこの道具など、どの道具を使うのか覚えていなければなりません。

また、小さな子供から高齢者まで幅広い年代の患者さんを診ている医療機関もありますので、その人の年齢に沿った対応が出来る看護師が望ましいです。他にも事務的な処理をすることもお仕事ですので、結構幅広いお仕事を経験することができます。

皮膚科の看護師は、他の診療科の看護師とは違った業務が多く、そして肌専門であるため、肌に関しての関心が無いと仕事に対してのモチベーションは上がらないと思います。

どのようなときもしっかり仕事をこなさなければなりませんし、専門的な知識を身に付けることに対して積極的でなければなりません。なので、肌に関して大きな関心を持っている人、より専門的な知識を身につけたいという人に向いています。

また、忙しさにバラつきがありますので、暇な時間はどのような仕事を片付ければよいのか、忙しい時は何を優先するべきなのか自分で判断し、管理出来る人がよいでしょう。

皮膚科は看護師としてのレベルは確実に上がります。肌に興味があり、スキルアップを狙っているのならば、思い切って皮膚科に転職するのも良いと思います。

↑ PAGE TOP