手術室看護師の転職をスムーズに運ぶ方法とは?

手術室看護師の転職ですぐ働いてほしいと言われたら



看護師の人が転職活動をしていて、面接時に明日から働けるかと聞かれることが時々あるようです。病院側も人手不足だったり急に人を採用する必要が出たりして、とにかく早く職場に来て欲しいと急いでいる事情もあるのでしょう。
日勤常勤看護師の給料・年収は?

でも面接を受ける側にも都合がありますし、すぐにその病院で働くわけにはいかない場合もあります。とくに現在の職場で働きながら転職活動をしている場合は引き継ぎや諸手続きを済ませなければなりません。

引き継ぎをしたり、次の担当者を育成するには時間もかかりますから、自分の都合で早く辞めるわけにはいかないこともあるでしょう。

また、すでに退職している場合も、複数の病院を転職先として考えているなら、他の病院と比べて一番良さそうなところで働きたいという思惑もあるでしょう。すべての面接が終わって結果が出るまでには結構時間がかかってしまうかもしれません。

すぐに働けない場合は正直にそのことを言っておく必要があります。その病院が第一志望なら、明日からは無理でもなるべく早く働きたいと言えばそれほど印象は悪くならないかもしれません。

これから他の病院で面接を受ける予定があれば、その結果が分かる時期まで返事を待ってもらわなければなりません。ただ病院にも都合がありますから、すぐ来てくれる人でなければ採用できないと言われてしまうかもしれません。

転職活動はタイミングも重要なので、お互いの都合が合わなければ、残念ですがその病院はあきらめることになります。個人で転職活動をしていると、こうしたことも時々起こってくるようです。もしこうしたことを避けたければ、転職支援サービスを利用してみるのがおすすめです。

転職支援サービスではスムーズに転職できるように、段取りをしてくれます。面接の結果などもコンサルタントを通じて伝えられますし、こちらの都合をうまく病院に伝えてもらえるのです。転職者の話を聞いて、ぴったり合った転職先を紹介してもらえますから、転職活動が成功する可能性も高まります。

美容外科看護師と美容皮膚科看護師

看護師は病院だけで勤務しているのではありません。 美容クリニックでも看護師は活躍しています。しかし美容クリニックとはあまり聞きなれない言葉ですね。どのようなところかというと、言葉の通り美容に関する施術を行います。

 人間の印象というのは顔から形成されるようです。つまり顔の造形が整っていれば、第一印象は良くなるということです。例えばシミやしわがあれば年齢以上に見えますし、歯並びやパーツの形が気に入らなければ、コンプレックスになり自己表現がなかなかできないようになるなど、心の問題になります。

 病院勤務の看護師とは違い、美容クリニックなどで働く看護師は、女性のコンプレックス解消をお手伝いする役割を担っています。  美容整形は近年需要を伸ばしており、業界自体拡大しているようです。

 さて、具体的な業務内容についてです。  美容クリニックでは、外見や肉体を美しくするための施術を行います。脂肪吸引や顔のパーツを望む形に形成し、豊胸などの手術を行います。

 看護師は患者が来院してからの受付から、カウンセリング、手術における様々な医療行為の介助など、実に多岐に渡る業務をこなしています。

 美容クリニックのカウンセリングとは、患者さんの抱えるコンプレックス解消のために、一番理想的な施術を共に模索します。これには患者さんとの信頼関係が絶対的に必要です。美容クリニックの看護師は高い接遇能力で、患者とクリニックの窓口になります。

 では次に美容皮膚科クリニックの看護師はどのような業務をこなしているのでしょう。

 美容皮膚科ではその名の通り、皮膚における施術や治療を施します。主にレーザー脱毛やケミカルピーリングです。これはニキビやしわ、シミに効果的な施術です。時に火傷でケロイド状になった皮膚を治したりします。

 美容皮膚科での看護師は、美容クリニックと同じようにカウンセリングから始まり、簡単な施術まで行います。さらにエステティシャンも兼務することもあり、病院勤務の看護師のように、看護という業務はあまり行っていません。

 美容クリニックも美容皮膚科も、カウンセリングを行う上でコミュニケーション能力が高くなければなりません。店の信頼は看護師から作られると言っても過言ではないのです。

看護師の理想の職場を探す方法

看護師の仕事を探す方法には、様々なものがあります。 例えば、インターネットの求人をチェックしているという人も多いでしょう。 昔に比べて携帯やパソコンを使っている人が増えたということもあり、インターネット求人に力を入れる企業も増えてきました。

それから、ハローワークなどでも看護師の求人情報が公開されています。 しかし、求人を探す方法はこれだけではありません。 各病院や施設が独自に出している求人情報だけでなく、転職サイトを活用して仕事を探す方法があります。

誰でもインターネットで閲覧できる求人情報というのは、実はとても少ないのです。 普通の人が閲覧できないような求人情報はどこで公開されているのかというと、転職サイトで公開されています。

この転職サイトでのみ公開されている求人情報は、非公開求人と呼ばれます。 なぜたくさんの人が見ることができるように公開するのではなく、転職サイトに登録した人しか見ることができないようにしているのでしょうか。

その大きな理由として挙げられるのが、求人情報を出している病院側のメリットが大きくなるからです。 看護師は転職率が高い仕事ということもあり、求人情報を探している看護師は非常に多いですよね。

そのため、病院が求人情報を出すと、あっという間に応募が殺到してしまうことが多いです。 応募をしてきたたくさんの人達を全て面接するとなると大変な作業だということは想像できるでしょう。

転職サイトに登録している限られた一部の人にだけ求人情報を公開すれば、応募が殺到するのを防ぐことができます。 また、それだけでなく、病院側の条件に合った看護師だけをピックアップして仕事を紹介することができるのです。

条件の良い求人情報の多くはこのようにして非公開求人という形で募集がかけられています。 ただネットサーフィンをして求人情報を探すだけでは見つけることができないものが多いので、まずは転職サイトに登録して理想的な求人を探しましょう。

↑ PAGE TOP